読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chipifbの日記

私的な活動報告

2013年2月15日 環境省要請行動に参加しました。

ストップ!放射能汚染がれき首都圏ネットワーク 様が

ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会) 様の

ワンデイ・アクションと共催、東京都と環境省に対して

要請行動をなさっていたので、σ( ̄ω ̄*)も途中参加しました。

 

2月15日東京都知事環境省要請行動

(1)東京都知事要請(9時30分~10時10分)

   要請側 7名

   都庁側 知事本局 総務部 秘書事務担当課長 渡邉貴史様

   1階受付裏にある会議室にて

 

東京都知事要請行動は、σ( ̄ω ̄*)が夜勤明けで

 途中参加だった為に、同行出来ませんでした。)

 

 

(2)環境省(11時~12時15分)

   要請側 6名

   環境省

   大臣官房 廃棄物・リサイクル対策部 災害廃棄物特別本部 

   広域処理推進チーム 課長補佐 大庭茂樹様


   大臣官房 廃棄物・リサイクル対策部 産業廃棄物課 適正処理・

   不法投棄対策室 宮田真幸様

 

   広報部の長浦様

 

   1階の控室にて

 

   3項目の要請 2月22日(金)までの文書回答を求めました。

   文書回答は「今、回答します。どの個人・団体も例外はありません」

   という理由で拒否。

   鮫川村の高濃度放射能汚染ゴミ焼却施設建設に関わる件は、

   「同じ課であるが、別のチームで情報共有ができていないので、

   回答できない」

 

※関西から「焼却灰による作業員の被曝はマスク一つで防げるのか?

 8000Bq/Kgの基準緩和は東京電力の放射能汚染責任を

 免罪するものではないか?」

   

※清瀬から「環境省のそらまめ君に東京都のPM2.5が表示しない」 ◆1

 

三多摩から「日の出町の焼却灰はエコセメントとして流通。

 その作業時の水処理した排水は基準値がなく流し放題の実態」

 の追及がありました。

   

 

環境省側は「東京電力の責任については、答えを準備していない」と

回答を保留した上で、

「8000Bq/Kg基準は、ICRPのシミュレーション    

で安全に処理できる値(作業員の被曝年1㎜SV内)」

「大手ゼネコンだけでなく、地元にもお金はおちる」などと

仰っていたのでプロポーザルの入札制度において地元雇用が

達成されていない点について質問したら回答を濁されてしまいました。 ◆2

 

~*~*~(=ω人◇^)~*~*~

 

◆1 ◆2 の案件について、別トピ立てまーす。